西村道男 (Nur.) オフィシャルサイト / ダイアリー

6月と7月


6月はDJにまつわるパーティだけでもいろんなことがあった。

6月16日に風林会館でやったPACKaaaN!!!というパーティをきっかけに、
ここ4.5年のことが、突然どばっと降りてきて繋がった。
こんなことってあるんだと驚いた。

数年前に一度終わったeeteeという下北でやっていたパーティを基に、
新たに新宿の風林会館という場所でPACKaaaN!!!をはじめることが出来て、
沢山の仲間たちと関わりながらパーティをつくれたこと。

今年の初め、
「風林会館という場所をみつけた。めちゃヤバい場所だからまた一緒にパーティをやろう」
と声をかけてくれた飯田仁一郎には本当に感謝している。

6月が終わり、7月。

7月1日に曽我部恵一BANDの3rdアルバムのリリースツアーファイナルを渋谷クアトロに観にいった。
二時間半にもなるライブ中、MCほぼなし、照明はずっと最初から同じまま。
エンターテイメントではなく、ただただ音楽だけ。

心の奥に突き刺さる凄いライブだった。

曽我部恵一BAND 「満員電車は走る」

 


コメントを残す